VISION

クレド

  • ゼネックは、信頼関係を大切にお客様からパートナー(右腕)と呼ばれるビジネスを目指します。
  • 私たちは、お客様から信頼を頂くために、感情を汲み取ったり、心遣いを大切にした良いコミュニケーションが築けるよう心がけます。
  • すべてのお客様が感じ取って頂けるもの、それはヒューマニティ(人間らしさ)を大切にする私たちの姿勢です。
これは私たちが創業以来、
一貫して大切にしてきた当社の信条です。
今では事業運営に欠かせない存在となった
コンピュータシステムやITサービス。

当社はそれらを構築、運用するシステムインテグレータとして、お客様に安全で安心してご利用頂けるITサービスを提供したいと考えています。

そして、ITサービスを通じてお客様を支援し続け、成長の一助となる存在であり続けます。

ゼネックの信条(クレド)を貫くための4つの条件

【敬意・礼節】
Respect
ビジネススーツを身に付け、名刺を持ち、丁寧に頭を下げ、そして「お世話になっております」という言葉。
これは「あなたに敬意を表しています」というメッセージであり、当たり前の「礼儀」です。
礼節を丁寧に尽くして、はじめてビジネスは成立します。
【誠実であること】
Sincerity
言葉にしたことを実行し、それをお客様にとって実りあるものにすること。
そして、お客様にとって実りのあるものを提供するために、常に自身の能力を向上させる努力を怠りません。
こうした日々の活動が我々の「誠実さ」であり、パートナーと呼ばれるためには欠かせないことです。
【ヒューマニティ
(人間らしさ)】
Humanity
他人の感情を感じ、その感情を共有できることは、一つの人間らしさです。
自分の素直な感情をごく自然に出し、人間らしいコミュニケーションを築くことが、お客様の真のニーズを汲み取ることにつながり、 良い仕事をさせて頂く第一歩となります。
鎧や仮面をつけていては、お客様の真の声は聞こえてきません。
【自立・自己成長】
Growth
お客様にとって実りのあるものを提供するためには、常に自身の能力を向上させることが必要です。
企画提案できる「アタマ」、目標を実現する「スキル」、これらはパートナーと呼ばれるために必要な能力です。
たゆまぬ自己研鑽によって、はじめてその能力が獲得できます。

GENECH Style

コミュニケーションを大事にするゼネックの文化

コミュニケーションを大切にする私たちが提供するITサービスは、 お客様が求めていることを実現するためのものです。


単にシステムを構築するだけでなく、 お客様とのコミュニケーションを大切にすることで、 企業文化や事業方針などをしっかりと理解し、 事業推進にベストマッチしたシステムを 提供できる会社でありたいと考えています。

また、お客様とのコミュニケーションもさることながら、 従業員同士のコミュニケーションも大切にしています。 仕事をする上で一緒に働く仲間の存在は心強いものです。 組織の目標を共有し、達成に向けて議論したり、 喜びを分かち合ったり、時には悩みを聞いたりすることで、 人のつながりは強くなります。

ゼネックは従業員同士のたくさんのコミュニケーションによって、強い組織をつくっています。

成長の場を提供する
人が成長する上で最も重要なことは経験を積むことです。
新しいことにチャレンジできる環境がなければ、
経験を積むことは困難です。

ゼネックでは、
“失敗を恐れずにまずやってみる。”
という考えのもと、従業員に多くの成長の機会を提供しています。